医療用レーザー

エステなどでの脱毛というと、レーザー脱毛という言葉を耳にします。
もともとは、レーザーは医療用レーザーとして、あざやホクロの治療に使用されていたものです。
肌に直接レーザーを照射して、あざなどを焼き取るのが目的です。
その際、あざなどにレーザーを照射することで、その部分の毛穴からは、毛が生えなくなることが証明されました。
そこで、レーザー脱毛として開発されたのが最初と言われています。


消したいあざなどがない部分に、レーザーを当てることで、毛穴に攻撃を与えることで、発毛を抑制してしまうのが、レーザー脱毛の目的になります。
しかし、発毛しないというのはあくまでも抑制の域で、永久に毛が生えないということではありません。
ですから、現在もレーザー脱毛は永久脱毛ということはできないとされています。


あざを消してしまうくらいの高い出力のレーザーを当てることは不可能ですから、レーザー脱毛をしたとしても、永久に生えない保証はないとされています。
ただし、他の脱毛方法と比較をすると、医療機関で行なう医療用レーザー脱毛に関しては、エステなどで行なうレーザー脱毛よりもより高い出力で施術することができます。
ということは、エステよりも医療機関の方が効果は高いということになります。


発毛しないことはないのですが、発毛がある程度抑制されるため、ムダ毛処理としては効果的な方法とされています。
高い効果を実感されたい方は、医療機関での施術がオススメです。

Copyright © 2014 レーザー脱毛の歴史 All Rights Reserved.